何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

自宅でできるDIY健康診断:世界一受けたい授業【2016/04/09】

DIY(Do It Yourself [自分でやろう])で、健康診断ができるそうです。

これは、隠れた病気の早期発見につなげようという試み。

アキレス腱で脂質チェック

アキレス腱の一番細くなっている部分を計り、1.5cm以上ある場合は要注意!

アキレス腱の太さは性別や体格にはほとんど関係ないのですが、 血液中のコレステロールや中性脂肪が付着しやすい性質があるので、

アキレス腱が太くなっていると、 脂質異常症の一つである家族性高コレステロール血症の疑いがあります。

遺伝的にコレステロール値が高くなる体質だとわかるのです。

目頭に黄色いしこりがあるのもこの病気のサイン。

脳卒中の危険性をチェック

脳卒中は、脳の血管が詰まるなど、脳が死滅してしまう病気です。

そのためとにかく早くその兆候を見つけることが大事なのです。

通常はMRIやCTスキャンなどの大がかりな検査を行いますが、簡単にできるテストがあります。

脳卒中を早期発見に繋がる「腕だしテスト

背筋を伸ばして立ちます。

両手を床と平行になるように、肩まで持ち上げます。

そのまま手のひらを上にして目を閉じ10秒間キープします。

10秒後片手が下がってしまったら、要注意!脳卒中の疑いがあります。

脳卒中が起きると、脳組織が損傷し神経細胞がおかされます。
すると、その神経が持っていた体を動かす機能が損なわれ、手足に力が入らなくなります。

この手を延ばすDIY検査以外にも、

どちらかの顔が下がってくるような、顔の表情の左右差がある場合や、

しゃべり方が少し流暢ではない場合など、この3つが気づかれたら脳卒中の疑いがある。

肺の病気をチェック

咳き込むことが多い場合、肺の病気COPDの疑いがあります。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
肺が炎症を起こし、気管支が細くなったり、酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞が破壊され 咳や息切れ、さらには心筋梗塞の原因にもなる病気

「マッチ消しテスト」

火の点いたマッチを片手に持ち、口から15cm程度の距離をとります。

その状態で、口を開けたまま炎に息を「ハッ」っと吹きかけて、火が消せるか試してください。

※この時、口をすぼめてはいけません!

火が消せない場合は、COPDの疑いがあります。

筋力をチェック

階段が上がるのがキツイ場合、筋力が低下するサルコペニアの疑いがあります。
放おっておくと自力で立ち上がれなくなり、寝たきりになってしまうこともある。
加齢とともに増える症状ですが、最近は若い人達にも増えている。

寝たきりの原因ともなる筋力の低下「サルコペニア」をDIY診断

指輪っかテスト」筋肉の量を見るテスト

両手の人差し指と親指で輪っかを作ります。

この輪っかを自分の利き足と反対の

ふくらはぎの一番太いところにはめてみてください

※この時、指で締め付けてはいけません!

ふくらはぎが太く囲めない場合は問題ありませんが、

ふくらはぎの筋肉が細くなっていて、囲めてしまった場合は要注意! 筋肉量の減少が進んでおり、サルコペニアの疑いがあります。

運動をせず過酷な食事制限によって行われるダイエットは、脂肪だけでなく筋肉も減少させてしまいます。 その後リバウンドによって体重が元に戻ってしまうと、減少した筋肉は元に戻らず、脂肪だけが増えてしまいます。 このように、筋肉が減少し脂肪が増えてしまった状態を「サルコペニア肥満」と呼びます。

筋力が落ちているので、運動しなくなる→また脂肪がたまるという悪循環。

足がむくんでいるときや、脂肪が多すぎるという理由で、指で囲めないことがあるので注意。

腕組み片足立ちテスト」筋肉の質を見るテスト

イスに座ったそのままの状態で、手を前に組みます。

そのまま片足で立ちます。

下肢の筋肉は、加齢とともに非常に弱くなる。
転びやすくなり、そうすると転倒するリスクが約5倍高くなると言われている。

貧血のサイン

貧血の中で一番多い「鉄欠乏性貧血」

貧血は血液中の赤血球が少なくなってしまうことで、体に十分酸素をを運ぶことができず、めまいや立ちくらみを引き起こしてしまう病気

普通では召し上がらないものを食べる「異食症」と呼ばれるものの一つに、氷を食べる「氷食症」が含まれる

自立神経失調症のチェック

自立神経失調症
不眠やうつなどの恐ろしい状態の原因の一つ

自立神経失調症は、体を活発に動かす「交感神経」と体を休めようとする「副交感神経」のバランスが崩れることから 不眠が増えたり、体温調節が難しくなったりします。

起き上がり脈拍テスト

脈拍計を腕に装着します。

光電式脈拍モニターパルネオ HR-60-11B(ブラック)

光電式脈拍モニターパルネオ HR-60-11B(ブラック)

仰向けに寝て5分間安静にしてから、

脈拍計で1分間あたりの脈拍を計ります

その後立ち上がり、再び脈拍を計ります

そのまま立った状態で、1分後、3分後、5分後も計ります。

寝ている時と立った時の脈拍を比較して、プラス30以上になった場合は要注意!

立った後、時間の経過とともに、脈拍は緩やかに下っていくのですが、寝ている時の脈拍よりもマイナスになってしまった場合も要注意!どちらも自立神経失調症の疑いがあります。

関連記事