何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

西太平洋の無人島の孤島、ミクロネシア連邦ファナディック島で、ヤシの葉文字の「HELP」で3人が救助された話

無人島で漂流した3人が無事救助された話があったそうです。

西太平洋に広がるミクロネシア連邦の島々。

日本からおよそ3200kmのところにある「プンナップ島」。

今月(4月)4日、このプンナップ島から、東にある「ウェノ島」へ

3人が乗った小型船が向かっていた。

しかし、途中で高波に襲われ、転覆。

3人は夜の海を3.2km自力で泳いで無人島(ファナディック島)にたどり着いた。

しかしそこは西太平洋の孤島。

待てど暮らせど救助は来ない。

漂流から3日、彼らはある行動に出る。

それがこちら、砂浜に「HELP」の文字!

これを三沢基地に駐留するアメリカ海軍の哨戒機が空から発見し、3人は救助された。

彼らを救ったヘルプの文字!

それは、何もない孤島にふんだんにあった「ヤシの葉」を拾い集めて書いたものだった!


こういう場合、よく「SOS」という文字が使用されそうなイメージですが、
HELP」の方が直接的でいいかもしれませんね。

関連記事