何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

英会話をマスターしたければ「カウチサーフィン」を繰り返せ!:雨上がりの「Aさんの話」【2016/04/19】

今回のテーマは英会話

なんとかして英会話を身につけられないものか?そこで事情通の方に話を聞いたところ、こんな結論にたどり着きました。

「英会話をマスターしたければサーフィンを繰り返せ!」

いったいどういうことなのか?

「読むだけの教材」では一生話せない

「世の中に出版されている『読むだけ』『聞くだけ』の英語教材では英語は一生話せない」

日常的な会話はだいたい2000語使えれば話せるそうです。

カナダのランガラ大学のザハール氏らが発表した推論によると、よくある「読むだけの英語教材」では、29年かかることがわかっている。

英語試験で満点をとった方でも、海外で外国人と話してみたら、自分の英語が全然伝わらなかったとのこと。

英会話スクールの外国人講師の実態を調査

今回は日本の英会話スクールで働く、アメリカ、スウェーデン、イギリスの3人の講師に話を聞きました。

笑い飯 西田「どうして日本で英語を教えることになったんですか?」

アメリカ人講師「友達が英会話スクールで働いていて、『アルバイトしたらどう?』と言いました」

西田「それは簡単にできるもんなんですか?」

アメリカ人講師「外国人なら簡単だと思います」

イギリス人講師「ただ自分の母国語を話しているだけで、『給料までもらえるんや』とビックリしました

3次試験まであることの多い日本人に比べ、外国人講師は外国人というだけで、あっさり採用されるんだそう

西田「スウェーデンていうのは、母国語は英語になるんですか?」

スウェーデン講師「いえ違います。スウェーデン語です」

西田「ネイティブな英語ではないということですよね?」

スウェーデン講師「スウェーデンではみんなが英語を話せるんですから、ちょっとネイティブな国みたいで・・・」

西田「日本人に英語ってちゃんと教えられるんですか?」

スウェーデン講師「そう・・・はい・・・」

他にも英語を母国語としないロシア人やフランス人などがネイティブ講師のフリをすることがあるんだとか。
中には、生徒が英語がわからないことをいいことに、適当な授業しかしない講師もいるんだそう。

スウェーデン講師「(授業で)私ほとんど日本人とフリートーキングしてるから教えない」

スウェーデン講師「『週末何しましたか?』とか」

アメリカ人講師「プライベートなことばっかり喋っていて、『こないだココ行ってメッチャ楽しかった』とか、写真を見せたりするとか、楽しいっちゃ楽しいけど勉強にはなってない」

一方、日本人経営者や日本人講師に外国人講師について聞くと

西田「外国人講師の方、その人たちの印象を教えてください」

経営者「日本人って外国人に憧れがあるので、英語を習うんだったらネイティブ先生の方が良いんじゃないかって思ってたりするんですけれども、そもそも英語の先生になりたくて日本に来ている外国人って、そんなにいないんですよね。」

西田「英語は喋るけど、人に教えることが得意でもない・・・」

講師A「そう、英語を話すだけ」

経営者「だから全然責任感が無い人だと、アルバイト感覚で」

講師B「そう、アルバイト感覚、ほんとに」

講師B「ネイティブじゃない先生はいっぱいいてます」

講師B「私も『ネイティブでやってや』って、言われたことがあります」

講師B「めっちゃ日本人なんですけど、『絶対日本語喋らんとネイティブで』」

講師B「『給与もネイティブ分渡すから』って、ネイティブの方がお給料がやっぱ良い」

講師A「ほんなら顔はどうするんですか?」

経営者「日系の先生もいますからね」

英会話スクールに通う生徒にも問題が

経営者「そんなすぐ話せるようにならないじゃないですか」

経営者「『すぐ話せるようになるんだ』という大きな希望を持って来られる方は少なくなくて」

経営者「1年間、週2時間やったところで、急に上達するのはなかなか・・・」

講師A「1年って、『1年間いた』だけ、ですよね」

講師B「家でもやってもらわんと」

経営者「考えてみると、週2時間2回通っても、1年間で208時間しかないんですよ」

経営者「1日10時間英語を話してたら、3週間分しかない」

経営者「そんなにちょっとしか話してないのに、話せるようにはならないですよね」

ネイティブ講師やスクール任せでは英語を喋れるようにはなりません。
・ちゃんとしたところじゃないと、ニセのネイティブ講師やアルバイト感覚の外国人に教わることになる。
・生徒が英会話スクールに頼りきりだと、1年通っても、英会話の時間が圧倒的に足りない。

オンライン英会話

ネット回線を通じて、日本にいながら外国にいる先生にマンツーマンで英語を学ぶというもの

値段は英会話スクールよりも圧倒的に安いです!

ちょっと気になるところがありまして、フィリピン人講師。
オンライン英会話の値段が安い理由が、物価が安い国の講師が教えること。
フィリピンは英語が公用語ですが、一般的にはタガログ語を話していて、まぁまぁ英語に癖があると。

さらにもっと危ない落とし穴があるらしい。

オンライン英会話が売春の隠れ蓑に!?

2年前の2014年に、こんな事件がフィリピンで報道されました。

「オンライン英会話学校装い、売春あっせんした疑いで日本人3人含む7人逮捕」

日本客がオンライン英会話を通じて、フィリピン人女性と知り合い、買春行為をした疑い。

この学校の講師紹介の動画はこんな感じだったそうです。
踊っていたり、

水着ではしゃいでいたり。

海外留学に注意!

海外留学すれば確実に英会話は上達するそうですが、

中には、海外留学費用を狙う悪徳エージェントもいるとのこと、100%安心というわけではないようです。

外国人と交際しろ!

全ての事情通の方が口を揃えて言った確実な英語が上達する方法がたった一つだけある。

英語を話す外国人と交際しろ!

しかし、簡単に付き合える方法はあるのか?

マサトさんが教える、外国人と交際しているかのような英会話上達法とは?

事情通、京都のマサトさんによりますと、

外国人と付き合ってないのに、まるで付き合っているかのような状況を作り出すことが、英会話が上達する秘訣だということです。

マサトさんの家の中に入ると、外国人女性と一緒の写真がたくさんある。

一緒にビールを飲んでいたり、布団の上にいたりと、美しい女性といる写真がぞくぞくと出てくる。

しかも、全て彼女ではないという。付き合ってもいないのになぜこんなに写真があるのでしょうか?

インターネットのSNSを使って、家に外国人を無料で泊めてあげているという。

カウチサーフィン  

自宅を宿泊先として提供できるインターネットサービス

旅行先で泊めて欲しい外国人と自宅に泊めもいい日本人が出会うことができるんです。

自宅の情報を登録すれば、希望する外国人からリクエストが届きます。

例えば、この女性は、オーストラリア出身で、4月1日から4月3日まで、大阪の家に泊めてくれる人へ、リクエストのメッセージを送っています。

利用者同士の評価を付け合うことで、評価を参考に泊める相手を選べ、マサトさんのような評価の高い男性の家には外国人の女性が1人で泊まりにくることもあるんだそう。

カウチサーフィンを利用する外国人には特徴がある

マサト「せっかく日本に来てるんだから、日本人と知り合いたいという方が多いですね。 コミュニケーションを目的に来ていますんで、全然喋らずにカギだけ渡して、『あとは自分で勝手にやっといて』というホテルと同じようなことは皆さん望んでいないんですよ。そういうのが一番嫌われますね。」

泊まりにくる外国人は、日本の文化や風習を知りたい外国人が多く、自分から積極的に英語で話しかけてくる人が多いそうです。

美しい外国人女性との交際同然の生活、ずっと一緒にいれば英語ができないマサトさんでも彼女とコミュニケーションをとろうと必死に話しかけるので、必然的に英語力が上がったというんです。

現在、この経験を活かし外国人を相手に観光案内をする通訳の仕事をしているんだそう。

さらに、このサービスをきっかけにして、香港に住み英語を話す中国人女性と国際結婚するまでになったんです。

結論

英会話をマスターしたければ「カウチサーフィン」を繰り返せ!

ということです。