何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

免許証の撮影には白い服がオススメ、黒と黄色はダメ!:林先生が驚く初耳学【2016/04/24】

免許証の撮影には、「キレイに写る服の色」と「着てはいけない服の色」があるそうです!

オススメのベストカラーは「白色」!

一番キレイに写る服の色は「」なんです。

白い服にはレフ版効果があり、肌の色、明るさを強調してくれるんです。

モデルの撮影では、レフ板という白い板で顔に光を当てるのですが、白い服にはこれと同じ効果があります。

顔色が明るく見え、さらに、シワや目の下のクマもごまかせるんです。

ちなみに、白い服を着る時は、首もとが開いたデザインがオススメ。

首がスッキリと長く見え、細身な印象も。

着てはいけない色は「黒色」と「黄色」

着てはいけない服の色は2つあります。

一つめは「黄色」。

ポイントとなるのは、写真の印象を大きく左右する肌の色。

証明写真の背景に使われている青は、黄色に対して補色と言われて反対色なんです、

黄色の服は、他の色に比べて背景の青色に浮いてしまうだけでなく、色が写り肌が黄ばみ、血色が悪く見えてしまうのです。

もう一つ着てはいけない色に「黒色」があります。

黒い服も顔色が沈み、くすんで見えるので、免許証の写真にはNG。