何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

カーレースのゲームで、亡き父のゴーストを消すことのできない少年の話

ある日、少年は、今は亡き父が所有していた「カーレースのゲーム」を発見し、遊んでみることにした。

そして、ゲームをプレイしている最中、あることに気がついた。

少年「少し遊んでみたら『ゴースト』を見つけたんだ」

少年「『お父さんのゴースト』が走っていたんだ」

ゴーストとは、目の前を走る白い車。
レースゲームで過去の最速記録の走行を再現したもの。
それはかつて父親が残した記録だった。

少年は10年ぶりに、その父親の記録に挑んだ。

そして、ようやく父親の最速記録を超えられそうになった時、なぜか、少年はゴール目前で車を止めた

そのわけは、

少年「ゴーストを消したくなかったから

最速記録を更新すると、父親がプレイしたゴーストが消えてしまう。

ゴール手前で、ゴーストが先にゴールするのを見届ける少年。

少年「よかった、お父さんとこれからも遊べる

少年の顔には笑みが浮かんでいた。