何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

新しい農業のかたち、畑で作物と電気を作る!「ソーラーシェアリング」

一つの畑で農作物と電気を同時に生み出す「ソーラーシェアリング」が話題です。

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングとは?
農地に支柱を立てて、太陽光発電などの発電設備を設置し、「農業」と「発電事業」を同時におこなうこと。

なぜ今までなかったのか?

農林水産省はこれまで、農地への太陽光発電設備などの設置は、農地を宅地や工業用地など、農業意外に使うことは、農地法で「農地転用」にあたるとして、認めていませんでした。しかし、農地における「農業の適切な継続」などを前提に、これを「一時転用」として認め、2013年に指針をまとめた。

ソーラーシェアリングの許可の指針

・一時転用許可は3年以内(問題が無ければ再許可が可能)
・支柱は容易に撤去できるものであること
・適切な農業の継続が行われていること(同じ地域の収入と比較し2割以上現象しないこと)
・年に一度、農作物の生産状況などを報告すること

許可を受けた農場は全国でも広がっている

許可を受けた農場は、全国で500件ほどあり、お茶畑のある静岡などはその数も多い。

具体的な例

こちらの写真の土地では、上にソーラーパネル、下に農作物を作っている。 従来であれば、ソーラーパネルをその土地一杯一杯にはって電気を作る。 しかし、そうすると、電気はたくさんできるが、下は陰になって作物ができない。 そこで、パネルをはる面積を全体の3分の1にしている。 すると、33%の遮光率となり、降ってくる3分の2の光で、パネルの下の作物は影響なしに育つ。

この畑には、1000平米の畑に195枚のソーラーパネルを設置。 設置にかかった費用は約1800万円で、 これで一般家庭14軒分の電力にあたる「50kw」が発電できるという。 発電した電気を売って年間約135万円の収入が得られるそう。

電気を作る規模には制限がある

50kwを超える発電の場合、高圧電気となり、変圧機を設置しなければならない。 そのためには、コンクリート基礎を打って建てないといけなくなるので、その場合は一時転用として許可がおりない。 なので、50kwがソーラーシェアリングできる最大の規模となっている。

野菜にいい影響もある

パネルの陰は野菜に影響を与えないのか心配になるが・・・?

野菜がパネルがある分、乾燥しにくいのか、みずみずしさが保たれていると感じている。 日光が強すぎると葉っぱが固くなりやすい、レタス類だと苦味が強くなる場合もあるが、柔らかくて、みずみずしくて、甘みもあって、食べやすくなっていると感じている。

日当たりが強すぎず、逆に味がよくなっているとのこと。

植物は光エネルギーを過剰に受けると植物にとって有害な活性酸素が生成され二酸化炭素を吸収できずストレスとなって光合成ができなくなります。
これによあって植物も人間同様、「日焼け」し生育に支障が生じます。

人にもいい影響がある

夏場だと日中すごく暑いが、順番に移動して、日が当たる場所でずっと作業していると暑いが、ところどころ日陰があるので、涼しくて人間も楽になる。

農作業にもいい影響がある

パネルが設置してある高さは3メートルと、農機が使いやすいようにしてあるので、農作業にも支障がない。

畑を耕そうと、人が後ろ向きで耕運機を進めて行く場合、先が見えないため、パネルの支柱を目印にして合わせていくことで、まっすぐな畝(うね)を作って耕すことができる。

高齢化対策にもなる

畑を持っている人も高齢化してきて、自分で農業を続ける難しい人も多いので、高齢の人たちはパネルを設置して売電で収入を得て、下の畑を若手に貸し出して農業ができれば面白いのではないか。