何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

1玉150万円の夕張メロンの1つがオークションでキャンセルされ試食会に出されたという話

先日、初競りで、2玉300万円という最高値をつけた夕張メロン。

北海道夕張市特産の夕張メロンの初競りが26日、札幌市中央卸売市場であった。最高値は1箱(2玉)300万円で、兵庫県尼崎市の食品スーパー「くらし快援隊」のバイヤーが落札しました。

その後、インターネットオークションに出品したところ、

2玉のうち、1玉は、5万1000円で落札され、無事に引き渡し完了。

もう1玉は、10万8444円で落札されましたが、「妻の反対という家庭内の事情」で、キャンセルとなってしまいました。

改めて、オークションに出してしまうと食べごろを逃してしまうということで、急遽、お客さんたちに試食会を開くことになりました。

直径17cm、胴回り49cmの、1玉150万円のメロン

中身はこちら!

試食用に丁寧に切っていきます。全部で、32個分に切り分けられました。

お金に換算すると、1切れで、なんと、4万6875円

1玉150万円のメロンの配布は、時間にして、5分ほどで終了してしまいましたが、それをゲットできなかった大勢のお客さんにも、1玉1万5000円〜2万円の夕張メロン6玉で試食を提供したということです。