何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

マンションの消防用設備の点検には気をつけて!避難器具の穴から、自分の家のベランダが覗かれているかもしれないという話

マンションに住んでいる方なら同じ体験をした方もいるかもしれません。

年に1回くらい、消防用設備の点検があって、火災報知機がちゃんと正常になるかなどのテストをしたりします。

そのテスト項目の中で、注意してもらいたいのが、「避難器具降下テスト」というもの。

ベランダを見てみると、四角い鉄板みたいなものが備え付けてあるマンションのお宅があると思います。

その鉄板を開けると、折りたたみ式の階段が入っていて、レバーをくるくる回すと、

下に階段が下がり、いざというときに、下の階に避難ができるようにするためのものです。

隣左右への避難通路は、「非常の際はここを破って隣戸に出られます」っというやつで、それの上下版というところでしょうか。

この非常階段が曲者です

うちのベランダにも非常階段がついていて、以前、点検に立ち会ったことがあります。

点検する会社の人が、ベランダに入って来てしまうのは当然なのですが、

その際、自分の家の下の階のお家のベランダを見ることができてしまいました

とてもきれいにされていたので、その時はよかったんですけどね。

それを考えると、自分の家の上の階にも、うちのベランダから見ると、非常階段がついているのがわかるので、

上の階の人が点検されている時って、うちのベランダも覗かれているんだろうなーって思いました。

マンションの高い階層の家の方の場合、めったに他人にベランダを見られることはなくて意識しないでしょうから、

けっこうちらかっていたりすると、これは意外な落とし穴です。

(避難階段には、穴が空いているので、文字通り落とし穴ですね、なんちゃって)

ベランダはキレイにしておいた方がいいよというお話でした。