何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

18歳選挙権啓発アニメ「TOHYO都」の映像が話題

18歳選挙権啓発アニメ「TOHYO都」の映像が話題です。

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる今夏の参院選を控え、東京都選挙管理委員会による啓発動画が物議を醸している。アニメーションの世界を舞台に、ひたすらアニメキャラやタレントが「18歳から選挙権!」と連呼する内容で、「低俗だ」などと辛辣な意見が相次いでいる。
 
架空の都市「TOHYO都(とうひょうと)」が動画の舞台。若者に人気のタレント2人が、都非公認キャラクター「東京都くん」の案内を受け、“都内”をめぐりながら投票する。高校生のキャラたちが「モテたい」など、選挙とは直接関係がない願いを込めながら投票するシーンもある。

映像に登場する若者二人は、バラエティに出ている「りゅうちぇるさん&ぺこさん」で、ギャラも出ていて制作費もそこそこかかっていると思われます。

映像を見てみると、結局のところ、「18歳から選挙権」しか言っていない!

そんなことわかっとるわい!という話です。

どうやったら投票できるとか、どうやったら選挙のことがわかるかとかなど、何も説明されていない。

ネットでも「バカにしているんじゃないか?東京都」という声もあがっています。

関連記事