何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

自動運転バス導入へ「ロボットシャトル」発表

私有地限定で、自動運転バスのサービスが開始されるそうです。

大手IT企業の「ディー・エヌ・エー」が自動運転技術を開発するフランスのベンチャー企業と提携して行うもので7日、東京都内で計画を発表しました。 まず、来月から千葉市内にある大型ショッピングモールに隣接する公園で、自動運転で走行する無人の小型バスを導入するということです。公道ではないため、無人であっても走行ができるとしています。さらに、自動運転に必要な通信技術を開発している「NTTドコモ」などと共同で、福岡市内の大学の構内で無線通信機器を使った安全対策などについても、再来年から実証実験を行うということです。 自動運転で走行する無人の小型バスはどちらも最大で12人乗りで、車体には周囲の人や障害物などを感知するためのカメラやセンサーが取り付けられています。感知した際には、自動で走行を停止するほか、車内には緊急停止用のボタンも取り付けられていて、乗客がボタンを押せば、走行が停止します。 自動運転は決められたルートを走行するバスなどに導入しやすいとみられていて、会社は今後、大型ショッピングセンターの駐車場や工場内など公道以外の場所で導入することを目指しています。

完全無人自動のシャトルバスを用いて、主に私道や私有地を中心にサービスを展開する。

扉の脇のボタンを押すと扉が開閉します。

車両は、フランスのベンチャー企業、「イージーマイル社」が開発した電気自動車。
最高時速は40kmで、通常は10〜20kmで運行します。

自動運転は、バスに搭載されたGPS・センサー・カメラとソフトウエアだけで行われ、遠隔地から制御することはないといいます。

バスの端の方には、ラジコンのコントローラーのようなものが付いてる。

これは何かというと、一番最初に走るときに、人の手で操作して、1度ルートを走る必要があります。
それをソフトウエアに記憶・設定すれば、無人で走ってくれるという仕組みです。

車の4隅についているセンサーで、車の周り360度をカバーし、車の前を人が横切ったり障害物があると、それを検知し、自動で徐行・停止する仕組みです。