何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

子供がかくれんぼをしていて、マンションの宅配ボックスに閉じ込められたという話

東京消防庁によりますと、先月、都内で友達とかくれんぼをしていた7歳の男の子がマンション内の宅配ボックスの中に隠れたところ、鍵が締まり、閉じ込められました。2012年以降、同様の事故が合わせて4件起きていて、東京消防庁は注意を呼び掛けています。

感想

うちのマンションにも宅配ボックスがありますが、まさか人がボックスの中に入るなんて思いもしないですね。

宅配屋さんが配達物を宅配ボックスに入れる時は、どの宅に配達したかという「部屋番号」や、入れたのは誰かという「宅配業者、郵便局、その他」などをタッチパネルで選択してようやく入れられるものなので、子供が開けられるとは思いませんでした。

うちのマンションで例えると、

宅配ボックスから、住人が受け取る場合は、その住人宛の荷物が入っていないとボックスの扉は開かないようになっているので、たまたま荷物が入っていれば開きますが、かくれんぼ中にタイミングよく入っているとも思えません。

一方、マンション外から、配達物を入れる方は、誰でも入れられるようになっています。

なので、こちらから入ったのではないかと思います。

配達物を入れる側も、誰でも入れられるのではなくて、配達証明がないと入れられないなど、管理する仕組みが必要かもしれませんね。