何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

マンションのトイレを開けたらヤモリがいたという話

昨日、トイレの扉を開けたとたん、隅の方で黄土色の物体がカサカサっと動く気配がしました。

「何かいる!」と思い、奥さんに「何かいる!何かいる!見て!見て!」と自分が言うと、

トイレに置いてあった子供のオマルの影に、普段は見かけない、ジッとひそむ生き物がいました。

小さい子供の「ヤモリ」でした。

ヘタレな自分は、奥さんに「取って!取って!」と言うと、

奥さんは「無理!無理!無理!無理!無理!」といつもより早い口調で言っていました。

ちなみに、ヤモリは、家を守ると漢字で書いて「家守」らしいです。ちなみにイモリは井戸を守るで「井守」。

二人して、確保できないとラチが開かないので、自分が覚悟を決めて、

先日届いたオランジーナのダンボール箱を使って確保しました。意外なところで役に立ちました。

ヤモリって、暗い所が好きみたいで、ずっとダンボールの中の影になっているところにじっとしていました。夜行性なんですね。

移動していない時は、ビクともせず動かないのですが、走りだすとすごく速いです。

跳躍力もすごくあります。ダンボールの端の壁から反対の壁をジャンプしていました。スパイダーマンもビックリです。

もし、トイレのような密室でなかったら、捕まえられなかったと思います。

それにしてもいったいどこから家の中に入ってきたのか?

家の外と中に通ずる穴という穴は、ほとんど塞いだり、フィルターをかけているのですが、ヤモリの子供でとても小さく、気づかないうちに入ってきたみたいです。

おそらく、前の日に行われたマンションの水道管の一斉清掃のためかと思われます。

どこかに潜んでいたのが、追い出されて来てしまったんでしょうね。

ダンボールを開けて外に置いていたら、ヤモリは外に帰っていきました。