何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

食べた後すぐ寝ると痩せる!?ダイエットに効果的な正しいゴロ寝の方法:林先生が驚く初耳学【2016/07/31】

「食べた後にすぐ寝ると牛になる」。

こんな話を聞いたことがあると思いますが、むしろ、その逆らしいです。

食後の正しいゴロ寝は、究極のズボラダイエットになり、痩せやすい体になるというのです。

肝臓がダイエットの肝

「肝臓の血液の流れが良くなると、体の基礎代謝がアップする」

基礎代謝」とは?
呼吸や消化などで無意識に使われるエネルギー。

基礎代謝の内訳

肝臓は、人体の中で使われる基礎代謝が最も多く、その量は全体の27%。
つまり、肝臓を活発に動かすと、それだけ体内のエネルギーが消費される。

肝臓 27%
19%
筋肉 18%
腎臓 10%
心臓 7%
その他 19%

食後のゴロ寝がいい

「食後のゴロ寝が肝臓の働きを活性化させる」

食後は胃や腸から肝臓へ流れる血液の量が増え、エネルギーが蓄積された状態。

そこで、ゴロ寝をして肝臓を活性化させれば、そのエネルギーが効率よく消費できる。

正しいゴロ寝の仕方

・肝臓が下に来るように体の右側を下にして寝る。
 
・頭と足を約30cm上げた体勢にする。
→重力により、血液の流れが肝臓に集中する。
 
・ゴロ寝は15〜30分に間にする。
→長く寝過ぎると逆効果になってしまう。
長時間ゴロ寝をすると肝臓が休息状態になり、エネルギーは消化されずに脂肪として蓄積されてしまう。