何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【高校野球の甲子園】女子マネージャーの練習参加はダメ?

8月7日からいよいよ開幕する、高校野球、夏の甲子園大会。

8月2日から始まっている甲子園での事前練習、大会に出場する49校が30分ずつの練習時間を与えられています。

そんな中、この日の午前10時から練習を行った大分県代表「大分高校」。

選手が監督のノックを受けていた時、監督にボールを手渡していたのはユニフォームを着た女子マネージャーでした。

この女子マネージャーは、1年生の頃からマネージャーとしてチームを支えてきました。

しかし、練習開始から15分後、女子マネージャーの参加に気づいた大会関係者から注意を受け、ベンチへ下げられてしまったのです。

大会規定では、練習であっても、グラウンドに立てるのは男性のみとされていました。

規則は危険防止のためということです。

大分高校は、「配布された手引きには、甲子園練習については男性のみと記載はされていなく、 ユニフォームを着なければならない条項を見て、女子マネージャーにユニフォームを用意して練習に参加させた」と説明している。

野球部の監督は、「3年間一緒にやってきたマネージャーをご褒美にグラウンドに立たせてあげたかった」と話していたということです。

甲子園大会に、設けられた「女人禁制のルール」に、時代遅れだとする声もあがっています。

短時間しか練習時間が与えられておらず、外野や内野で一斉に練習をするため、危ないことは危ないのですが、危険かどうかは性別で判断するべきではないという話もあります。