何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

股間をかかないための拘束具の作り方

夜中に、どうしても無意識の内に、股間をかいてしまうので、以前からいろいろ試行錯誤しております。

今のところ、↓こちらのボクサーパンツを履いて快適です。

それでも、手がフリーになっていると、股間をかいてしまいます。

以前、カバンのヒモにベルトを通して、手を拘束していたのですが、カバンを固定して置かないといけなかったりするので、

ベルトだけでなんとかならないかと拘束具を考えて作りました。

拘束具の作り方

100円ショップで売っているようなベルト2本とイケアで売っているクリップを2個用意します。

そして、ベルトの輪っかのところを通して、数字の「9」のような形を作ります。

この時、ベルトの棒のような部分は内側にくるようにします。(外側だと危ないので)

2本とも同じようにします。

次に、ベルトの輪っかのところに、もう一方のベルトの先を入れて穴に棒を通します。

2本とも同じようにします。

そして、ベルトの輪っかの隣にクリップを挟んで、とめます。(これは手を通した時外れないようにするため)

二本とも同じようにします。

すると、真ん中の部分に大きな穴が開きます。

この真ん中の穴のところに頭を入れて、小さい二つの穴のところに手を入れて寝ると、股間まで手が届かないので、かかないで済みます。

手は、体の下部には届きませんが、体の上部ではある程度自由が効くところが良いです。寝返りもうてます。

真ん中の穴は大きいので、今のところ首がしまる心配はありませんが、翌日、腕が筋肉痛になることがあります。