何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

太極拳シンセサイザー:WBS【2016/08/15】

中国の発明家、劉思春 さん

その劉さんの新発明がこちら、筒のような物が16個ついた不思議な機械。

この筒に向かって手をかざすと、音階ごとに割り振られた筒の中のセンサーが反応して、シンセサイザーが鳴るという仕組み。

この発明は、重い肩こりに悩んでいて、楽しみながら肩こりが解消できないか考えていたのが、キッカケだったといいます。

特許を取得済みで、開発には3年かかり、150万円をつぎ込んだそうです。

ご本人は、1台、1億5000万円で売りたいと言っています。

太極拳というよりは、酔拳に近いようです。