何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【ポケモンGO】メダルを獲るのが一番難しいのは、こおりタイプのポケモンを捕まえる「スキーヤー」ではないかと言う話

ポケモンGOでは、ある一定の条件の下でポケモンを集めると、メダルというものがもらえます。

その数が多くなればなるほど、「銅のメダル」「銀のメダル」「金のメダル」という風によりいいメダルがもらえます。

一番難しいメダルは、こおりタイプ?

このメダルで、一番獲るのが難しいと思ったのは、こおりタイプのポケモンを捕まえる「スキーヤー」だと思います。

そもそも、こおりタイプのポケモンの種類が少ないというのと、さらに出現率も他のタイプに比べて少ないからです。

ラプラスに関しては、出会うことが奇跡です。

ここで気になったのは、最後の「捕まえた」という条件。

もしかしてこれは、進化させてゲットするという方法でもいいのかな?と思いました。

実際やってみたところ、カウントアップしました。この方法でも有効のようです。

シェルダーは、パルシェンへの進化で、パウワウは、ジュゴンへの進化で、「こおり」のタイプが付きます。

なので、直接「パルシェン」や「ジュゴン」がゲットできれば問題ないのですが、出現率が低いので、

それよりは、出現率の高い「シェルダー」と「パウワウ」を集めて進化させるのも手です。

メダルコンプリートを目指している人は、こおりタイプのポケモンに出会ったらとりあえずゲットしておいた方がいいです。

意外に難しいメダル

ゲットした時の「ポケモンのサイズ」で、もらえるメダルもあります。

コラッタ」と「コイキング」です。

コラッタは小さいやつ、コイキングは大きいやつですね。

ポケモンを見た時に、XS(小さいサイズ)、XL(大きいサイズ)と書かれているやつです。

「重さ」と「高さ」で、このサイズの表示がつくことがありますが、どちらでもいいみたいです。

この2匹は、出現率は高いですが、たくさんポケモンをゲットしても、これらのサイズはランダムで付くので、このメダルを獲るのは意外と難しいのかなと思います。

2016/08/28 追記

この追記の時点で、駒沢公園がルージュラの巣になっていました。
このような巣が近くで見つかれば、スキーヤーのメダルは手に入りやすいかもしれません。

そうすると、一番ゲットするのに時間がかかるメダルは、コラッタコイキングかも?!