何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

4色ボールペンは看護師の悩みから誕生した:林先生が驚く初耳学【2016/08/21】

1本で「黒」「赤」「青」「緑」と、4つの色を使い分けることができる4色ボールペン。

そのノックボタンをよく見てみると、

黒は「台形」
赤は「二つの三角」
青は「一つの三角」
緑は「丸みを帯びた山形」

色ごとに形が違いますが、このノックボタンは、看護師の悩みから誕生したそうです。

看護師さんは夜間の暗い中でも患者さんの血圧や体温を測定して、カルテに記入しなくてはならない。 そして、血圧や体温などを項目ごとに色を変えて記入するルールがある。
→暗い院内でも色分けして書けるようノックボタンの形を変えた。

患者の「呼吸」「血圧」「脈拍」「体温」をそれぞれ違う色で記入するというルールが病院ごとに決まっているそうです。

もし、看護師が色を間違えて記入してしまうと、医師が病状と関係ない処置をして、大きな医療ミスに繋がるおそれがある。

そんな医療ミスをなくしたいという看護師の思いから、4色ボールペンが生まれたそうです。