何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

他人の失敗なのに自分の失敗に感じる心理「共感性羞恥」とは?:マツコ&有吉の怒り新党【2016/08/24】

ある一定の人にだけ見られる心理現象があるそうです。
この感覚がわかるか見てみてください。

マニフェスト

私はドラマなどで、「この後、この人は確実に恥をかくだろうな」というシーンを見るのが、とにかくイヤです。  
しかし、一緒にテレビを見ている母に言っても、理解してもらえません。
マツコさん有吉さんは、この気持ちわかりますか?

共感性羞恥

これは、「共感性羞恥」という心理現象だそうです。

共感性羞恥とは
「ドラマの恥ずかしいシーン」や「他人のミスを目の当たりにした時」
↓↓↓
自分が恥ずかしい思いをした時と「脳の同じ部分」が働き、「あたかも自分の失敗のように感じる」

学園ドラマの「授業中の居眠り」

授業中に居眠りをしている時、先生に名前を呼ばれ、寝ぼけて変なことを言ってしまう。

ドラマ「裸の大将」の主人公の失敗

裸の大将、主人公が失敗を繰り返すので、微笑ましく見ることができない。

時代劇で悪代官が悪さを企む

時代劇で、殿様と組んで悪さをする悪代官、どうせこの後倒されるのに・・・。

2時間サスペンスが苦手

犯人が崖の上に来たときに、殺人を犯す時や、犯行がばれて自殺しようとするのを見ることができない。

ドッキリが苦手な人

テレビで、ドッキリを仕掛けているのを視聴するのが困難な人もいるようです。

共感性羞恥の経験ありますか?

10〜80代の男女500人に、共感性羞恥の経験があるかどうか、アンケートをとったところ、

経験あり:10.4%
経験なし:89.6%

という結果になりました。
意外と少ない?

感想

自分にもこの心理現象がありますね。プレッシャーやストレスを受けます。けど、テレビの内容は見たいですね。

↓こちらの心理に近いものもあるかも。