何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【防災グッズ】3000円で済む!? 100円ショップで揃える避難バッグとその中身:雨上がりの「Aさんの話」【2016/09/06】

関西の最年少防災士、坂本紫音(しおん)くん(13才)が、100円ショップで揃えられる防災グッズを紹介していました。

リュックサック

まずは両手がふさがらないようにリュックを用意する。家で余っているものを使ってもよい。

飲料水

ペットボトルの水を2本くらいでよい。あまりたくさんあると持っていけなくなるので。

クッキー

お腹を満たしやすいクッキーを用意する。

アメ

糖分補給ができる氷砂糖や飴を用意する。

ビタミン剤(サプリメント)

避難所では栄養が偏りやすくなりがちなので、栄養補給のために、マルチビタミンなどのサプリメントを用意する。

衣類

靴下、インナーシャツ、パンツをそれぞれ1日しのげる分だけ用意する。

キッチン用ハサミ

使い慣れていないサバイバルナイフなどよりも、キッチン用ハサミの方が安全に切れる。

ゴム手袋

軍手でもいいが穴が空いているので危ないことも多い、ゴム手袋だと水も通さないので便利。

食品用ラップ

洗い物ができなくても食器にラップを巻き衛生的に使用できる。

新聞紙とラップを一緒に体に巻くことで防寒対策に使用できる。

座布団

座布団が2枚あれば、それぞれをくっつけて防災頭巾のようにすることで、ヘルメット代わりになる。

もし、通常のヘルメットが必要な場合は、ホームセンターで購入しましょう。

サイリウム(ケミカルライト)

ライブやコンサートで振るサイリウムは、非常時には懐中電灯の代わりになる。電気も火も使わずに6時間ほど明かりになるので、懐中電灯と使い分けたい。

耳栓とアイマスク

避難所では、小さいお子さんの泣き声や人がたくさんいるので、睡眠を確保したい。

その他に必要なもの

・乾電池
・懐中電灯
・ホイッスル
・着火ライター
・レインコート
・消毒液
・ばんそうこう
・ウェットティッシュ


100円ショップであれば、これらの防災グッズを全て買っても、3000円以内で用意できるそうです。

あと、お薬を服用している方は、それも持って行った方がよいそうです。