何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

年収130万円の壁が変わる!働く主婦に存在する2つの壁:ビビット【2016/09/15】

働く主婦に存在する2つの壁

来月(2016年10月)から、「130万円の(社会保障の)壁」と「103万円の(配偶者控除の)壁」が大きく変わります。

130万円の社会保障の壁

社会保障の壁とは?

働く主婦(主夫)が、年収を130万円未満に、夫の扶養に入ることで「健康保険料」「年金保険料」の負担なし

この130万円を超えると23万円払わないといけなくなるというもの。

これは、150万、160万以上稼がないと増えていかないという計算になる。

この手前でガッチリおさえているという方は多い。

この金額がある条件の元で、106万円に変わります。

ここでは、従業員「501人以上」という条件なので、自分には関係ないという人もいるかもしれませんが、3年以内に、この対象を拡大していくことが決まっている。

では、実際にどれくらい手取りが変わるのか?

年収を105万円にとどめると、120万円の時よりも、手取りが増えるというおかしな話になる。

結局は、壁の額が低くなるだけなのでは?という感じになります。

企業側も困っている

企業側も、個人と折半で、社会保障のお金を払わないといけなくなる。

より短時間の勤務又は、より長時間の勤務への二極化の対応等を検討せざるを得ず、パート労働者と事業者とのニーズにミスマッチを生じさせ、多様な働き方を狭めてしまう懸念がある。

→ 短時間の労働者ばかり増やされる可能性がある。

健康保険被保険者が一気に増加することによって、後期高齢者医療支援金等の急激な増加など、その重さに耐え切れずに解散に追い込まれる健康保険組合が出ることも懸念される。

103万円の配偶者控除の壁

そもそも控除とは?

年収を103万円以内にすることで、夫の年収に対し、「配偶者控除」が適用される

↓年収別の減税額はこちら

政府のコメント

・130万円の社会保障の壁に関して

女性が就労調整をすることを意識せずに働くことができるようにする、多様な働き方に中立的なしくみを作っていく必要があります。

・103万円の配偶者控除の壁に関して

政府の税制調査会は、女性の就労を後押しするため、「配偶者控除」を見直し、配偶者の年収に関係ない「夫婦控除」に変更する案を検討している。

これはどちらも、表向きの話で、実際には税収を上げたいというところがあるようです。