何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

人の感情を検知する監視システム「DEFENDERーX」

あまり知られていませんが、先日行われた「伊勢志摩サミット2016」では、防犯対策で、「映像から人の感情を解析する最新の監視システム」が導入されていたそうです。

・この技術は「DEFENDERーX」と呼ばれ、ロシアで軍事技術を転生したもの。
・計測は2秒から5秒カメラに映れば計測できる。
・顔の皮膚や眼球など体全体がどれぐらい動いたのかを検出し、人の感情を解析することが可能。
・10万人以上の実験をもとに、200パターンのデータによって解析。

カメラの映像が解析されると、体の振動の回数や大きさを色で表します。

緑色は平静を示し、赤色に近づくにつれ、攻撃的になります。

ちなみに、サングラスとマスクと不審者のような格好をしてもほどんど反応しませんでした。

一方で、叫んだり、跳ねたり、明らかに不審な行動を取ると、画面は緊張を示す黄色へ、攻撃的な赤色を示すものが多くなり、システムは不審者だと判断します。

ロシアでは、ソチ五輪で、入場ゲートなどに設置し、不審者の割り出しに一定の効果を上げたといいます。