何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

豚の筋肉のゲノム編集も効率よくできる「エレクトロポレーション法」

徳島大学で豚のゲノム編集を「世界初の方法」で実施されたそうです。

発生生物学の竹本助教授は、
これまで、高い技術が必要だった受精卵による豚の「ゲノム編集」を簡単でしかも成功率の高い独自の方法により、世界で初めて成功した。

そもそもゲノムとは?

ゲノムとは、DNAに含まれる遺伝情報のこと。

ニュースなどでよく聞く遺伝子組換えと、このゲノム編集は違います。

簡単に言うと偶然や運だよりなのが「遺伝子組み換え」、たくさんの細胞を使って一気に感染させてその中からできたやつだけを取り出す。

それに対して、もともと設計図のようなものがあり、目的の遺伝子だけを狙い撃ちできるのが「ゲノム編集」。

体細胞クローン法

これまでブタのゲノム編集では、受精卵から一つ一つ手作業で核を取り出し、そこに前もって別の細胞でゲノム編集をした核を入れる「体細胞クローン法」を採用していました。

受精卵の大きさは0.1mm。手間と時間がかかる作業でした。

卵の中から「核だけを抜き取る技術」そこに「核だけを移植する技術」は、その技術はすごく高度な技術で、実施できる研究者はごく一部の人に限られるという欠点がありました。

世界で初めての方法

ガラス管を受精卵に差し込まずに、電気で穴をあけてゲノム編集をする。

ゲノム編集を起こす溶液に浸した受精卵に、電流を流します。

すると、受精卵に穴が空きます。

その穴から溶液が浸透。受精卵の中でゲノム編集を起こすというものです。

これを「エレクトロポレーション法」と言います。

エレクトロポレーション法

実際にやっているところを見てみます。

まず、ゲノム編集を起こす溶液を、電極に白金の合間に敷きます。

そこに用意したブタの受精卵を並べるのに使うのが口にくわえたこのチューブ

0.1mm程度の受精卵を極細のガラス管に口で吸い取り、その後吸い取った受精卵を電極の間に吹き出して並べます。

受精卵が移し終えれば、電気を通します。

電気が通れば、白金の電極のところに「」ができます。これは、この間に電気が流れた証拠になる。

電気が流れたということは、卵一個一個に、一時的に穴が空いて、ゲノム編集の分子がこの卵の中に取り込まれましたということになる。

このあと、1、2時間の間にゲノム編集が受精卵の中で起こる。

すごく作業効率が上がった

この「エレクトロポレーション法」であれば、1度に数十個のゲノム編集ができて、一つずつ核を取り出す「体細胞クローン法」に比べて、

20分の1」に時間を短縮できるという。

80個から100個の卵に対して、5分以内に導入することができる。

筋力のアップしたブタ

今回はブタの筋肉に注目して、ゲノム編集を行いました。

筋肉というのは適切な量を作られるように体の中でコントロールされています。

この筋肉の量を抑制する遺伝子を破壊しました。

その結果、たくさん筋肉ができるブタが生まれました。

これがいわゆる「ゲノム編集ブタ」になります。

なぜブタを選んだのか?

今回は世界初の試みだけに結果がわかりやすい「筋肉を抑制する遺伝子の改変」に着手したという竹本助教、

では、なぜブタのゲノム編集を研究しようとしたのでしょうか。

・ブタは解剖学的や生理学的に、ヒトに近い動物といわれているので、例えば糖尿病のブタをつくることができれば、ヒトに対する治療の研究ができる。
・家畜にも応用することができる。例えば病気に強いブタとか、早く成長するブタとか。

なんでも編集するのではなくて、ゲノム編集にも「ルール作り」が必要。

感想

すごい技術ですが、ヒトの病気の治療のために、わざと病気のブタを作るというのはちょっと切ないですね。