何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

三浦プロ棋士がスマホの将棋ソフトでカンニング?

将棋のプロの三浦棋士がスマホを使って不正をしたのではないかという疑いをかけられています。

将棋ソフト使用疑惑

昨日(2016年10月12日)、日本将棋連盟は竜王戦挑戦者の三浦弘行九段が出場しないと発表しました。

竜王戦は将棋の7大タイトルの一つで、挑戦者が変更になるのは初めてになるという。

出場が停止となった三浦棋士に浮上したのは「将棋ソフト使用疑惑」。

三浦棋士が、今年の夏以降、離席が目立ち、指し手が将棋ソフトの手と一致すると指摘が一部の棋士から出ていたという。

日本将棋連盟は、「スマホなどのソフトを使用し不正した疑い」で聞き取り調査を実施。

三浦棋士は、「体を休ませていた。疑念がもたれたままでは対局できないから休場する」と話したという。

しかし、期日までに、休場届けは提出されず、連盟は出場停止処分を決定。

明後日からの竜王戦には、挑戦者決定戦で敗れた丸山棋士が出場することになった。

三浦棋士は、「不正はしていません、ぬれぎぬです」とコメントしていて、今後の対応は弁護士と相談中とのこと。

三浦棋士について

・1996年羽生七冠の一角を崩した棋士として、一躍時の人となる。
・名人挑戦権を争うトップ棋士の一人。
・去年17歳年下の女性と結婚し、勝率がアップ。
対局中のスマホなどの使用を否定

席を外してもいい?

今までの将棋の対局のルールでは、対局中に棋士は席を外してもいいし、スマホを閲覧してもいい、電話も自由にしてよかったということです。

この電話をしてもいいというのは驚きです。

電子機器を締め出した日本将棋連盟

今月5日、2つの規制を追加しました。

電子機器は対局前にロッカーに預け、対局中の使用を禁止
対局中の外出禁止

対局中、ソフトに「次の一手」を考えさせる不正を懸念している。

進化する将棋ソフト

ここ5年ほどのコンピューターとプロ棋士の対戦では、コンピューターの方が勝っています。

こちらは本格的なコンピューターを使用していると思いますが、スマホのソフトでもある程度のところまできていると思われます。

2016/12/28 追記

日本将棋連盟は、三浦棋士がスマホを不正使用した証拠は出てこなかったとして謝罪しました。