何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

うっかりスマホの料金を延滞すると将来家が買えなくなる!?:林先生が驚く初耳学【2016/10/16】

これは全国、445万人に降りかかるかもしれないトラブルの火種。

ついつい忙しくて、携帯電話料金を支払い忘れ、後で送られてきた通知で気付き、急いで振り込む、なんて人も多いと思いますが、

そんな日常のあるあるに、思いもよらない落とし穴が・・・。

うっかりスマホの料金を延滞すると将来家が買えなくなる!?

スマホの普及により、携帯電話料金の滞納件数は年々急増。その数は445万人にその可能性があるのです。

林先生の説明

スマホの端末ってめちゃめちゃ高い。8万円、10万円とかする。

でも実際には、ほぼ「ゼロ円」で契約する。

2年使ったら、本体のお金はタダになるという契約を結ぶ。

だから解約が難しかったり、途中で解約すると追加料金をとられる。

あれは実は、結局使用料金と合わせて、2年間のローンを組んでいるのと同じ契約。

だから2年間解約できない条件が付く。

ということは、ローンを組んでる、あるいはどこかでお金を借りていて、もし支払いに遅れが生じれば、信用情報を登録するところがありまして、

いわゆる「ブラックリスト」に名前が登録されることになる。

とすると、将来例えば、家を建てようとしてローン組む時には、必ずその信用情報を照会するわけです。

問い合わせをする時に、「あれ?この人、何年か前にちゃんとローンを返してない時があるぞ」っなると、ローンが組めない時がある。

ですから、「単純に電気料金延滞して止まりました」というのと同じ感覚で、携帯料金を滞納すると、それでローンが組めなくなるから、家が買えなくなるということが起きうる。

補足

ローン扱いのスマホ料金を3か月延滞すると、後で支払いを済ませても、5年間はブラックリストから名前が消えないと言われています。

自分の状況が不安な人は、信用情報会社のホームページなどで確認することも可能です。