何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

生け簀の中で8年間生き延びる!?華麗に泳ぎ芸をするカレイが人気

北海道苫小牧市にある活魚料理店「北海」には、ちょっと変わったカレイがいるそうです。

カレイが立ち泳ぎ?

大きな生け簀の中では、松前カレイや馬場カレイなどの十数匹が優雅に泳いでいる。

その生け簀に、イカの刺し身を水面に近づけてみると、早くちょうだいと言わんばかりに、カレイが華麗な立ち泳ぎを披露します。

一番長生きしているカレイはなんと8年間も食べられていないのだそうです。

さらに、珍しいことに、このカレイは「背泳ぎ」をすることもあります。

普段はおとなしい?

通常、カレイは海底でじっとしていて、目の前に落ちてくるエサを狙うので、人懐っこく人に寄ってくるのは珍しい。

生け簀に長年いるので、天敵もいない環境なので、縦に立ち泳ぎする芸を身に付けたのではないかと思われる。

役職がついている?

芸の上手な3匹のカレイには役職がついていて、「社長」「部長」「係長」と呼ばれている。

本来食べられる運命のこの3匹は、食べられず「観賞用」として飼われている。

他の「平社員」が食べられないようになるためには、さらに芸を磨かなければならないという話です。