何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

押し入れに逃げ込んだゴキブリを捕まえて!:探偵ナイトスクープ【2016/10/21】

依頼内容

探偵さん!助けてください!
7月上旬からゴキブリを押し入れに閉じ込めています! 押し入れの隙間にはテープを貼って出てこないようにしているのですが、押し入れの中には冬服や布団が入っており、取り出せないので、このままでは凍えてしまいます。 1人で押し入れを開けるのは怖くてできません! 一緒に戸を開けて駆除していただけないでしょうか?

橋本「みなさん!すごい時代がきました!探偵のみなさん!ゴキブリの駆除ですよ?これ」

橋本「気になってるのは、7月上旬ですからゴキブリがでかなってるんちゃうかとか、あとその繁殖してるんじゃないか?という恐怖」

橋本「死んでるかもわかりません」

調査開始

依頼者の部屋の中を見てみると、まるで引越ししたてかのようにたくさん荷物が置いてありました。

こちらが問題となっている押し入れ。

よく見ると、押し入れには、依頼者の作った「封印のお札」が貼ってあります。

さらに、押し入れの隙間には、完全にゴキブリが出れないように全てにテープが貼ってあります。

ゴキブリと格闘していて、押し入れには入れないようにしていたが、入ってしまったという。

橋本「こんな汚いんやから、他にもおるやろう!」

ゴキブリがたくさんの荷物の中に紛れてしまうとまずいので、一旦押し入れのある部屋の荷物を全部出すことに。

あれだけあった荷物がなくなり、畳が見えるようになりました。(畳の部屋だったんですね)

橋本「作戦考えてきましたんで!隙間があると逃げるじゃないですか?一回逃げられたわけじゃないですか?確実に捕まえるために・・・」

橋本「ビニールハウスを作ります!」

押し入れの4角をビニールハウスで覆っていきます。

するとなぜか、橋本と依頼者もビニールハウスの中に閉じ込められてしまう。

そして、ビニールハウスの中に空気を入れます。

ドーム状になりました。

そして、とうとう押し入れの封印を解きます。

すると押し入れの中も、荷物がたくさんありました。

一つずつ、物を出していく途中・・・収納ケースの下にいました!とうとうゴキブリの登場です!

ディレクター「窒息さす?」

ディレクターの提案で、なぜかゴキブリを窒息させることに。

ビニールハウスの中の空気がなくなっていくので、橋本は外から入れたホースを口にくわえて空気を吸います。(依頼者は大丈夫でしょうか?)

ディレクター「暑い?空気入れようか?」

橋本「空気いらん!(ゴキブリが)飛ぶからー!飛ぶからー!」

そして、格闘した後、とうとう依頼者自身でゴキブリを確保しました!

再びスタジオ

橋本「あの作戦しかなかったんですかねー?」