何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

歯磨きをしている時に水が垂れるのをなんとかしたい

歯磨きをしている時に、磨いている手から腕をつたって、肘の辺りから水が滴ることがよくあります。

その時、服が濡れたり床が濡れたりして、困ったものです。

どうしたらよいのでしょう?

歯ブラシについた水をできるだけ切る

元はといえば、歯ブラシに水が多く含まれていると、水が垂れてくる確率が高くなるので、できるだけ水を切りたいところ。

しかし、歯を磨いていると、よだれや泡も発生してくるので、あまり効果的とは言えない。

磨いていない方の手で手首を掴む

磨いている方とは逆の手で、磨いている方の手首を掴むことによって、水が垂れる軌道をズラす。

手に水が溜まるので、逆の手の肘まで到達することはほとんどない。

しかし、歯を磨きにくくなってしまうのが難点。

肘より下に口を持ってくる

水は重力によって滴っているので、磨いている口元を肘より下へ持ってくることによって、肘へ行くのを防ぐ。

しかし、体勢がちょっときついのが難点。

腕をまくってヒジを出して水が垂れてもいいようにする

服の袖を二の腕辺りまでまくることによって、服が濡れないようにする。

しかし、腕自体は濡れてしまうし、いつの間にか床に水が垂れていることがあるので注意。


これの対策ができる発明ができれば売れると思うのですが。