何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

お笑いコンビ、アナクロニスティックの将棋解説ネタがおもしろい

さて、前回までの、佐藤宏 二段と、田中美紀 四段の対局。

合コンの帰り道、「やっと二人きりになれたね」っというところまで進んでいます。

まずはこちらをご覧ください。

洋服」囲いを組んで、よく見れば「不細工」というのをファッションセンスでうまく隠せたところまでは、好印象でしたね。

しかし、「酔っ払って」しまったんでしょうか。「性欲」が前面に出ております。

向こうの「警戒心」を強くしてしまったところが気になるところですね。

そんな中、宏二段が仕掛けました。さり気なく「」を繋ごうと試みました。

鞄が効いておりました。五四「」。これはあざやかですね。

男性は、鞄を持たれてしまっては、手を繋ぐことができませんからね。

さらに、宏二段がたたみかけます。

僕の家に「チワワ」を見に来ないか?と誘います。七三「」ですね。

「私犬アレルギーなの」と「」で返します。

まだ諦めません。「僕の家、ホームシアターがあるんだ、一緒に見ようよ」と、六二「」ですね。

「私もホームシアター持ってるんだ」と、同じく「」で返します。

「でも、大画面で『男はつらいよ』を見たことないでしょ?」と、七二「」ですね。

それに対して美紀四段は「(う、うん)」で返します。

さらに責め方を変えて来ましたよ。

そうなんです。自宅に連れ込めないとわかり、向こう宅にあがりこもうと作戦を変えてきましたね。

二八「」が、二二で「」に成ります。送り狼ですね!

そこで、衝撃の一言。「私の家、実家なの!」と。同じく「」で受けます。

ここで、美紀四段、「私、『終電』で帰るね」と、宏二段「投了」。

美紀四段の勝利となりました。