何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

摩擦には要注意!髪の毛が傷んでいるかどうかの差: この差って何ですか?【2016/11/01】

髪の毛が傷んでいるかどうかは、髪の毛を水に浮かべると簡単にわかるそうです。

検証

検証のために、傷んでいる髪の毛と、傷んでいない髪の毛と2つ用意します。

傷んでいない髪の毛を水槽の水に浮かべると、水に浮きます。

傷んでいる髪の毛を同じように、水に浮かべると、沈んでいきます。

髪の毛の表面には「キューティクル」というウロコ状のものがあります。

キューティクルの表面には、薄い油分がコーティングしています。

傷んでいない髪の毛はこの脂分が水を弾きます。なので沈まない。

一方、傷んでいる髪の毛は、キューティクルが剥がれてしまって、油分のコーティングが失くなっています。

そのため、うまく水を弾くことができないので、水に沈んでしまいます。

摩擦に注意

そもそも、キューティクルとは、髪の毛のまとまりやツヤを決める部分。

キューティクルが剥がれてしまう大きな原因は、「摩擦」。

髪の毛が絡まってしまうことってあると思います。

シャンプーをする時など、髪の毛を濡らす前に、この絡まりをクシやブラシでほどいておきます。

そうすると、髪の毛を洗う時に、摩擦を減らすことができダメージ防止になる。

シャンプーする時に注意

普段は、シャンプーをしてからコンディショナーを使いますが、

髪の毛が絡むような場合には、「シャンプーの前にコンディショナーを使う」といいです。

コンディショナーは、油分でコーティングして指通りが良くなるので摩擦を下げる。

もちろん、シャンプーの後にもコンディショナーを使って下さい。

乾かす時に注意

濡れた髪の毛を乾かす時、ゴシゴシとすることがありますが、

これは絶対にやってはいけません!

濡れた髪の毛は非常にデリケートで、摩擦で傷みやすい状況です。

タオルで髪の毛を包み、押すように水気を取ることが大切です。

ドライヤーでは仕上げに冷風を

ドライヤーを使うと髪の毛が傷んでしまうと思われがちですが、これは間違い。

濡れている髪の毛は、水分を含みふやけている状態なので、摩擦でキューティクルが剥がれやすい。

なので、濡れたままにせず、ドライヤーで早く乾かすといいです。

髪の毛全体をドライヤーの「温風」で早く乾かし、「冷風」をで仕上げると、開いたキューティクルを引き締めることができる。

これで髪の毛が傷みにくくなる。