何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【大阪府池田市】7階建ての賃貸マンションを計画したのに完成したら9階になっていた

大阪池田市にある、一見立派に見えるこちらのマンション。実は違法建築だということです。

マンション内に、メールや文書が張り出され、違法建築であることが住人に対して明らかにされました。

何も説明がされていないまま、住人は住まわされていたという。

では、どんな違法建築だったのか?

違法建築の内容

当初、「7階建て」として建築される予定だったマンションが、完成してみれば「9階建て」になっていた。

計画にない床を作って、2階分の居住スペースを増やしていた。

新しく床を作ったことによって、「耐震性」つまり「荷重とか自身による被害」がないのか心配される。

池田市の対応

完成に近づいた年の7月に、現場の方が確認検査をしたところ、 当初の図面と違うということがわかり、市は、9階建てとなったマンションの図面の提出を求めたが、 マンション側から、改善への動きはみられなかった。

なぜ違法建築をしたのか?

違法建築をした元オーナーのコメント

最初の土地を購入した時の「収益計算のまま行きたかったんで、その辺の『バランスを考えて』、その時にできていた計画が9階建てだった」 最初からそのつもりで、悪いという認識が薄かった。

賃貸ということで、貸す戸数を増やしたいということがあったと思われる。

建築の限度

何階建てのマンションを建てられるかは「容積率」の関係で限度が決まっている。

容積率とは?
敷地面積に対して、建築の総のべ面積の広さが決まっている。

このマンションの敷地面積を100%とすると、その広さは敷地面積の最大240%。 しかし、建設計画では7階部分までで総床面積のおよそ239%を超えていて、2階増えた部分を加えると、あきらかに基準をオーバーして300%くらいになってしまった。

このことを踏まえて、当初は、7階のみを3階分の「吹き抜け」にする計画にしていたという。(かなりありえないことですが・・・)

事の経緯

オーナーが途中で変わっていて、話しが複雑になっています。
違法建築は、元オーナーの計画だったため、現在のオーナーは驚きです。

元オーナーは、オーナー兼施工主だったので、自分の会社でこのマンションを作った。

建築確認申請を提出して、このようなマンションを作るという図面を7階として出していた。

通常この後、マンションの「検査済証」を行政からもらわないといけないが、このマンションはもらっていない。

耐震偽装の問題のため、マンションの「検査済証」というものを9割方は取られていて、 取れば、金融機関からの融資なども簡単に受けられるようになる。 そして、残りの1割はそれらが難しくなるが、検査済証をもらわないでも住人を入居させることはグレーゾーンでできてしまうという。

住人のコメント

・4年住んでいるが「今?」という感じ。
・ビックリしただけですけど。
・だまされたという感じですね。
・自分が住んでいるマンションで何があったのかなーって思いました。

今後どうなる?

既に完成してしまっているこのマンション。今後どうなるのでしょうか?

・マンションから8階、9階を失くす。
・マンションから8階、9階の住人に出て行ってもらって、当初の計画通り、「吹き抜け」にする。

↑どちらにしても、現実的ではないです。

住人の権利としては、

家主に対して賃貸借契約の解除を求めることができる。 敷金、礼金、引越し費用などを請求できる。

ということです。

感想

このマンションの住人は、既に住んでいるわけなので、「敷金、礼金、引越し費用」が返ってくるくらいでは割が合わないような気がします。 住んでいた間の家賃も返金してもらうくらいでないと。
耐震性の面で危険にさらされていたわけですからね。