何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【滋賀県彦根市】おにぎり早食い競争で喉につまらせて亡くなったという話

今月(2016年11月)13日、滋賀県彦根市で行われたおにぎり早食い競争で、死亡事故が起きていたという話です。

主催したJA東びわこによりますと、今月13日に行われた農産物のPRイベント「ふれあいフェスティバル」で、参加した28歳の男性がおにぎりの早食い競争で、おにぎりを喉につまらせて緊急搬送されましたが、3日後に亡くなったということです。

この競争には15人が参加し、コンビニサイズのおにぎり5個が用意され、3分以内に食べられる量を競うルールで、男性は5個目を口に入れたあと倒れ、呼びかけに応じなくなったということです。

早食い競争は近江米のおいしさを知ってもらうために行われたもので、

JA東びわこは、「のどに詰まらせないようお茶を用意し、落ち着いて食べるようアナウンスするなど安全には配慮していたが、このような事故が起きて残念です」

としています。


早食い競争で、落ち着いて食べろというのは矛盾していますね。

今後、早食い競争が自粛されるような流れになりそうです。