何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【大分県日出町】簡易水道施設の小屋で圧力タンクが爆発して人が亡くなったという話:報道ステーション【2016/11/27】

水道施設で爆発がありました。

途端の屋根が吹き飛び、金属製の梁も折れ曲がるくらいの衝撃でした。

軽傷の男性「突然ボーンと、一瞬で何が起きたかわからなかった。私は足が悪いから中に入れないで外にいた。1mちょっと飛ばされた。」

大分県日出町のグラウンド内に設置された小屋。

きのう午後6時すぎ近くの住民3人が作業中に簡易水道施設で爆発が起きました。

ここでは、9世帯ほどの住民・飲食店などが、共同で水道管を設置し、20年ほどにわたって使っていたということです。

この地区は上下水道が整備されておらず、事故のあった小屋は地下水を周囲の住宅などに供給するための施設でした。

この事故で、高倉さん70代男性が死亡、他60代の男性2人が肋骨などを折る重軽傷を負いました。

水を吸い上げるために圧力をかけるタンクが大きく破損しているといいます。

軽傷の男性「修理屋に電話したけどいなくて、30分くらい遅れるという話だった。高倉さんがタンクの上に乗っかって高いところから点検していた。そのタンクが爆発した。」

日出町には、事故現場と同規模の給水施設が少なくとも25ヵ所あり、約2300人が利用しているとみられています。