何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

どうなる?たばこの新ルール:クローズアップ現代【2016/12/14】

たばこの新しいルールがだんだん見えてきました。

原則禁煙

厚生労働省が打ち出した法律のたたき台。

全国の公共施設だけでなく、飲食店や遊技場をすべて原則禁煙にするというものでした。

オリンピック開催国は喫煙を規制

IOCの意向を受け、オリンピック開催国は喫煙を法規制するのが通例となっている。

例えば、ブラジルやイギリスでは、学校・病院だけでなく飲食店などは全て禁煙。罰則付きの法律で厳しく定めています。

日本はどうか?都内でよく見られる喫煙スペース。屋外での分煙は世界でほとんど例がなく、進んだ取り組みと評価を受けている。

ところが、屋内では煙の拡散を100%防ぐことはできない、完全な分煙は厳しいという。

今の日本の法律では、建物内での禁煙はあくまで「努力義務」、罰則もなく世界でも遅れている。

日本のたばこ対策は世界でも最低レベルともいわれている。

新たなルール

・役所や運動施設などの公共施設は、「建物内禁煙」。

・学校や病院などの公共施設は、より厳しい「敷地内禁煙」。

・飲食店や遊技場などは、「原則建物内禁煙」、完全に区切られた喫煙目的の部屋であれば設置が認められる。

・お店の中は禁煙であっても、敷地内での屋外はギリギリOKだと思われる。

・新幹線では、たたき台の案だと喫煙車両はなくなる。ただし喫煙室は残されている。

・マンションのベランダは管理規約で禁止にしているところもある。その他は、ケースバイケースかこれからの議論になる。

違反したら罰則を適用するというこれまでにない厳しい案となっている。

厚生省「守ってください」とすすめる → 「守りなさい」と命令 → 罰則をかける。

飲食店の懸念

・喫煙者は喫煙のできない飲食店は避ける傾向にあり、経営が厳しくなる。
・屋内に喫煙ルームを設置する余裕がないので、タバコを吸う場合は、店から遠くにある喫煙場所を利用するしかないが、酔っ払った状態で大きい道路を往復するのはいかがなものか。

街の声

街のみなさんに新ルール案はどうかと聞いたところ、100人の内、賛成が67人、反対が32人と新たなたたき台を好意的に受け止める人が多かった。

・吸っていい?と聞かれても断れない、法律で最初から禁止にしてほしい。
・やり過ぎ、タバコが違法でない以上、愛煙家の楽しみを奪わないでほしい。
・タバコを吸う人にも「吸う権利」がある。
・他人の煙を吸いたくないのは当然のこと。
・受動喫煙させられる身からすると、タバコ自体を禁止してほしい。
・居酒屋、喫茶店、パチンコ店は、喫煙可能な場所で残してほしい。
・煙を吸うのは体にとても悪い。ニオイも髪や服について嫌い。
・祖母に肺ガンが見つかった。受動喫煙が原因かも・・・と考えると、やりきれない。
・個人の嗜好を法律で規制することに、違和感がある。
・『歩きタバコ』など、受動喫煙以外にも危険性がある。
・お酒を提要するところまで『喫煙』にすると、楽しい気分が半減しそう。
・喫煙所をちゃんと作る。たばこを吸う人には『禁煙サポート』を保険適用しては?
・医療費の問題が表面化しているのに、たばこの販売を禁止しない政府に疑問。
・居酒屋などでテーブルの端で吸う人がいるが、隣のテーブルだと煙くてくさい。
・喫煙者の自由がなくなり、ますます居心地の悪い、窮屈な世の中になりそう。
・たばこは、ただの嗜好品。きらいな人が我慢しなければならないなど言語道断。

JT(日本たばこ産業)

これまで社会的観点から分煙を勧めてきた「JT」の見解。

・「分煙を選択できる仕組みが重要」。
・議論してバランスの取れた規制を。

受動喫煙のリスク

国立がん研究センターによると、
日本人の「受動喫煙による肺がんのリスク」は、今まで「ほぼ確実」といわれてきましたが、これが「確実」なものになったと発表がありました。

夫婦のどちらかがたばこを吸っているケースの場合、たばこを吸っていない夫婦に比べ、受動喫煙によって、肺がんで死亡するリスクが28%アップすることがわかりました。

さらに、脳卒中や心筋梗塞などの死亡リスクも20%以上高まることが明らかになりました。

たばこを吸っていなくても、受動喫煙による年間の死亡者数は、約1万5000人にのぼると推計されている。

完全な分煙はできない

たばこを吸っている人から2m離れた席に座っている人がいます。

微小な粒子を可視化するレーザーを当てると、たばこの燃焼によって発生したタールの微粒子が広がり離れて座る相手まで届いていることがわかります。

また喫煙エリアが分かれていても、歩く時にできる気流が煙を外に連れ出すこともわかりました。

加熱たばこはOK?

加熱式たばこ。
火をつけるのではなく、電気を使ってたばこの葉を温める仕組みです。

メーカーの発表では、燃焼で生まれる有害物質を大幅にカットしたとされ、発売後2年間で200万台を売り上げています。

加熱たばこなら使用を認める飲食店もでてきました。

この加熱式たばこについては、厚労省によると、

有害性についていろいろな意見がある。私達の健康や周りにどういう影響があるのか厳しく見ていく

ということでした。