何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ヨーロッパサッカーのひどいファウル:サンデーモーニング【2016/12/18】

ヨーロッパサッカーで、ひどいファイルがありました。

ちょっと引っ張り過ぎ?

今月(2016年12月)11日にスペインで行われた、レアル・ソシエダ 対 バレンシア 戦。

バレンシアのモントーヤという選手(オレンジのユニフォーム)がディフェンスしていたが、相手チームの選手に抜かれそうになると、

相手選手のパンツを強く引っ張りました。

あまりにしつこく引っ張るので、相手選手は怒ってモントーヤ選手に、キックを繰り出しますが空振り。

結局、モントーヤ選手はイエローカード(警告)を受けました。

(ちょっと引っ張りすぎ。)

そっちにレッドカード?

今月(2016年12月)10日にドイツで行われた、ハンブルク 対 アウクスブルク 戦。

空中に浮いたボールを奪い合おうとする2人の選手。

ホルトビー選手がコール選手の体をガッチリロックした状態で2人は倒れたので、コール選手は顔面から地面に落ちました。

怒ったコール選手は、起き上がると同時に、ホルトビー選手に肘鉄をお見舞いします。

そのままホルトビー選手は倒れ込みました。

すると、肘鉄を食らわしたコール選手の方がレッドカード(退場)を受けてしまいました。

(これは、ホルトビー選手も悪いと思いますが・・・)