何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

京都市初!小学校の敷地減らし駐輪場へ:VOICE【2016/12/23】

(2016年12月)23日から始まった駐輪場の建設工事。小学校の教室がすぐ目の前です。

京都市中京区にある朱雀第七小学校。

小学校の敷地の一部を割いて、24時間利用できる100台分の駐輪スペースの整備が進められています。

駐輪場の建設計画は、阪急西院駅が来年の春、駅の東側に新たな改札口を2ヵ所設置することに合わせて持ち上がりました。

市内の公立小学校の敷地内に、民間の駐輪場ができるのは初めてで、来年の2月に開業が予定されています。

地元や保護者の反応

・不安ですよね、子どもの安全というのが第一だって学校ですから。
・駐輪場がいるというのはわかるんですけど、なぜそれを学校の中に?というのが不思議。
・何もそこに駐輪場をもってくる必要はないやろと、第一にそう思います。
・そこの駐輪場に止める用事がない。

敷地へ誰でも出入りできることの不安や、周辺に自転車が増えることの不安で、反対署名は役1300人分。

市のコメント

京都市は、

小学校の北側は通学路ではないため、安全上の問題はなく、小学校と駐輪場の間に目隠しフェンスを設置する

としている。