何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

新たな振り込め詐欺電話!自動音声ガイダンス詐欺に注意!:モーニングショー【2016/12/26】

詐欺師が狙う特殊詐欺の被害件数が一番多いのは12月だそうです。

↓こちらは、2015年の月別の特殊詐欺被害件数

特殊詐欺とは?
電話やメールなどを使って不特定多数を相手に対面しない詐欺のこと

なぜ12月が多いのか?

お金の出し入れが多い
→年末年始のためにたくさんのお金を持っている人が多い。
 
詐欺師にも年末のノルマがある
→会社形態にしているとお金がよく集る。年間のノルマがある。
 
詐欺師にも正月休みがある
→会社形態だと正月休みがある。 正月には騙す相手の家族が帰ってきてしまうのでその前に詐欺を実行する。 ちなみに、5月、8月の被害件数が少ないのは、GW、お盆休みで休みを取っている。

危ない時間帯

朝の8時半〜9時にかかってくる電話は注意が必要です。

・銀行が始まる時間帯を狙っている。
・息子を名乗るオレオレ詐欺の場合、大抵息子は出かけているため。

自動音声ガイダンス詐欺

電話で「自動音声ガイダンス」を使用した詐欺も増えています。

・詐欺グループが「着信履歴」を残す。

(ガイダンス音声)こちらはお客様の電話端末よりご利用いただいている有料コンテンツの料金管理センターです。現在まで複数回にわたってお知らせしてきましたが、ご返信いただけなかったため、本日より「民事訴訟の準備期間」に入ったことをお知らせします。なお、実行手続きは、すぐに「料金精算」すれば差し止めが可能です。

・「利用料金の確認は、【1】を押してください」
→オペレーターに繋がり、請求金額を振り込むように指示。

・「見に覚えがない場合は【2】を押してください」
→オペレーターに繋がり、氏名、生年月日など個人情報を聞かれ新たな詐欺に使われる。

この詐欺の騙されやすいポイントは、「固定電話」の電話番号になっている場合です。

固定電話での詐欺

有名な企業を語って、電話番号が「03」発信されると、つい「本当の会社かな?」と思って電話をしてしまう。

2015年と比べると、2016年に入ってから固定電話での詐欺が増えている。

とある固定電話回線の販売業者では、販売した約6000回線のうち約5900回線が詐欺グループに悪用されていたといいます。

対策方法

大手企業の名を語るところから電話がかかってきた場合、その場ですぐにお金のやり取りをせずに、別ルートで自分から連絡を取るようにした方がいい。