何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

洗濯物を干す時に突っ張り棒だけだと不安になったので筋交い金物で補強してみた

洗濯機の上の壁と壁の間に、突っ張り棒を設置して、そこにハンガーや洗濯バサミをひっかけて洗濯物を干したりしていました。

しかし、ある程度重いものを干したりすると、突っ張り棒が突っ張りきれずに、一度に洗濯物が落ちてきてしまい危険です。何回か落ちてきたことがあります。

洗濯物がいつ落ちてくるかわからず、心配し続けるのも嫌なので、少し補強してみました。

突っ張り棒の両端の部分が補強したところです。

↓このような「筋交い金物」を購入して、壁にネジでVの字の形にしてとめてみました。値段にして1個50円くらいです。

↓上から見てみると、こんな感じです。平な部分が手前に出ていて、それがVの字になっているので、突っ張り棒などが置きやすいです。

↓以前は、このように棒と壁の摩擦力だけで、留まっていましたが、

↓今はこんな風になりました。これでもう、よほどのことがない限りは突っ張り棒は落ちてきません。

関連記事