何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

指紋を盗み悪用される!?写真を撮る時には認証に使う部分に注意!:ビビット【2017/01/10】

個人情報が必要な場合に、いろいろなところで指紋認証をするところが増えています。

そんな中、昨日(2017年1月9日)、「ネットの写真で指紋が狙われている」というニュースがありました。

顔に手を近づけてピースをしていると、本人の顔と手の指紋が誰から見てもこの人の指紋だとわかってしまう。
カメラの解像度も上がってきて、パット写真から指紋のコピーを作ることが可能になっている。
3メートル程度の距離でも指紋が取れる可能性があるという。 集合写真なども撮影できる距離でありうる。 指紋や目の虹彩などの生体情報が悪用される可能性がある。

スマホなどの写真技術の向上にくわえ、近年SNSが普及したことにより、簡単に高解像度で鮮明な写真を入手することができる。

その写真から指紋の模様を盗み取り、個人情報として悪用することが可能になっている。

また、画像解析技術の向上によって、防犯カメラの映像などから鮮明に顔認識が可能になるなど、各分野の進歩が要因の一つと考えられている。

街の声

・怖い!写真撮る時にピースサインはだめなんだ?裏側を向けるとか?
・ピース!やめるわ!でも、いろんなSNSにアップしてるから手遅れ?

どのポーズが一番危ない?

↓写真を撮影する時、こちらの3人のポーズの中で、一番危ないポーズはどれでしょう?

一見すると、エド・はるみさんの「グー」と親指の裏側を見せるポーズが危ないかに見えますが、これは顔と指が離れているのでまだマシで、 一番危ないのは両手の5本の指を全部顔に近づけているりゅうちぇるさんのポーズだということです。

顔の真横でピースをしたり、屋外で光がきちんと当たっている時は注意しましょう。

対策は?

・手と顔の奥行きの距離を離してピントをずらす。
・手を裏返してピースする。
・手袋をする。
 
・つけたままでも、自分の指紋が正しく照合される「防止シール」を貼る。
→カメラで撮影した時は、盗撮されない。
 

 
・大木こだまの「チッチキチーのシール」を貼る。
 

顔認証にも注意!

指認証だけでなく、顔や目の虹彩で人を特定する「顔認証」もあるため、

顔の写真を撮られないようにする「プライバシーバイザー」というものも販売されています。

このバイザーをかけた状態で、顔の写真を撮ると光ったように写り、顔を認識できないようになります。


最終的には、アイアンマンみたいに完全武装したら大丈夫かもしれません。