読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

サッカー試合の接触事故に賠償命令247万円!:モーニングショー【2017/01/16】

社会人サッカーの接触行為で怪我をさせた選手に、約247万円の賠償命令が下りました。

ケガがつきものと言われるスポーツに出されたこの判決に賛否両論があがっています。

接触プレーに賠償命令

原告 30代男性 「今も痛みがあり、小学生から続けてきたサッカーができなくなってしまった」

社会人サッカーの試合中、接触プレーで左足を骨折してしまった30代の男性。

去年(2016年)12月の東京地裁での判決では、相手選手に約247万円の賠償命令が下りました。

接触プレー

↓相手の選手がボールをとろうとしたところ、

↓ケガをした男性(原告)の足のすねの辺りを誤って蹴ってしまった。

スパイクの裏の部分は、「樹脂でできているものも多いが、中には鉄やアルミででてきているものもあったりして」固くて痛い。

↓ケガをした男性は、靴下のしたにすね当て(レガース)をしていましたが、それが真ん中から割れてしまうくらいの衝撃を受けたということです。

ケガをした男性は、1カ月間入院して、7カ月間仕事に復職することができなかったそうです。

裁判の内容

裁判では、ボールを奪いに行こうとして誤って足に当たってしまった偶然なのか、あえて足を狙いにいった故意なのか、がポイントの一つとなっていました。

原告側「被告の行為は故意に原告のすねを蹴ったと推測される、故意でなくとも負傷することは予見できた」
 
被告側「身体の接触は予見できても、原告が負傷することまで予見することは不可能

判決結果

故意ではないが、被告は原告の負傷を十分予見できたとして、過失を認定された。

街の声は、賛否両論

・接触プレーは必ずあり、しょうがない。けがは覚悟でみんなやっていると思う。
・遊びでやってたスポーツだとしても、生活が困っちゃいますよね。
・けがをさせた人とさせられた人がいてケガによって損害を被ったのであれば補償するのは当然。
・試合中だったら何をしてもいいのかとなりかねないので、こういう賠償命令があったのは妥当。
・けがさせちゃったら自分も訴えられるんじゃないかという思いがあって、のびのびとスポーツしずらいんじゃないか。
・ラフプレー、ファイルされたら文句の一つは言うとは思いますけど、お金を取ろうとか裁判を起こそうとか思わない。