何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

イデコ(iDeCo)って何?:WBS【2017/01/16】

イデコ(iDeCo)に注目が集まっているそうです。

iDeCoって何?

iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」のことです。

( individual-type Defined Contribution pension plan )

従来は自営業者(第1号被保険者)や企業年金のないサラリーマンが加入対象でしたが、2017年1月に個人型確定拠出は加入対象が大幅に拡張されることになりました。拡張により企業年金のあるサラリーマンや公務員、それに専業主婦にも確定拠出型年金加入が認められるようになりました。結果としてすべての人が個人型確定拠出型年金(DC)に加入できるようになっています。

iDeCoのメリット

掛け金全額が所得控除

控除といえば、保険料の控除で「一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」とありますが、どれも年間で最大で4万円までで、合わせて最大で12万円までしか控除が受けられません。
 
しかし、iDeCoを利用して、仮に月2万円ずつ投資をした場合、年間で合計24万円全額の控除が受けられることになります。

運用益も非課税

iDeCoを使って出た利益、例えば、「預金の利息」や「投資信託の分配金」などが非課税となります。

iDeCoの注意点

・60歳まで引き出せない
・原則 解約できない
・口座管理手数料がかかる

金融機関によって、扱っている商品ラインナップや手数料はまちまちなので、ここでよく勉強して選ぶ必要があります。

導入が面倒?

ある銀行では、客が興味をもって資料を請求しても、慣れない書類記入の手間や実際の運用開始までに2,3ヵ月はかかることから挫折してしまう人も少なくないそうです。

そんな中、昨日(2017年1月16日)、オンラインで申し込みが「10分で可能」だという「MYDC」というサービスが開始されました。

パソコンやスマホを使って、年金番号や積立金額などを入力すると、支払う金額をどのように運用したらいいかその場でアドバイスをくれるというもの。

どんな資産運用がいいか、「安定」「標準」「積極」の3つから選択します。

例えば、40歳会社員が「積極」を選ぶと、掛け金の3分の2にあたる68%をハイリスク・ハイリターンの「株式」中心に運用を提案します。

一方、「安定」を選ぶと、株式の割合を減らして「債権」や金、原油などの「実物資産」の運用割合を増やすことで安定志向の運用を提案します。

手数料は、運用口座手数料として 月458円(初回手数料2,777円)の他、信託報酬として 年0.432%を支払う仕組みです。

感想

銀行の利息もあてにならず、この先、年金を受け取る年齢がさらに上がるということを考えると、控除を受けられる点で、メリットがはっきりしているiDeCoは流行るのかもしれませんね。