読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

イノシシなど害獣をスマホで遠隔捕獲:フルタチさん【2017/02/05】

ハンティングマスター」というイノシシ等の害獣を罠で捕まえるシステムがあるそうです。

スマホを使って、遠隔で操作が可能です。

通常、猟師が銃で撃つと肉に傷がつき鮮度が落ちますが、生きたまま捕獲できるので殺さなくて済みます。

操作方法の説明

↓こちらの装置を用意します。

檻に害獣が近づくと、

温度センサーが感知します。

それによって、スマホなどにメール送信します。

専用のホームページでカメラを確認すると、何が来たかがわかります。

害獣が来たなと思ったら、ワナを作動させます。

すると、罠が作動し檻が閉まって捕獲完了。

イノシシの捕獲を実践!

こちらは愛媛の山奥。

捕獲する巨大な檻(6m✕6m)と、その中に米ぬかとみかんのエサを用意します。

エサを撒いて2週間後、イノシシ登場。

しかし、警戒して入り口のエサは食べるものの奥までは行きません。

1か月後、徐々に警戒心がなくなり、仲間を引き連れ、檻の中のエサを食べるようになりました。

イノシシを捕獲するタイミングを見計らっていると、タヌキが温度センサーに反応してしまいました。

そして、本命のイノシシの通知がきました。

スマホで確認してみると、確かにイノシシです。

入り口に近いイノシシが、中央のエサを食べ続けた時がチャンスです。

食べました!そして檻を閉めて捕獲!一気に暴れだすイノシシですが檻から逃げられません!

捕獲から12時間経っても逃げ道を探し続ける野生のイノシシ。

さらにこの後、3頭捕獲したとのことです。