読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。



スマホギックリ首に注意!日本人の9割が予備軍:ひるおび【2017/02/08】

TV_ひるおび!

ギックリ腰ならぬ『ギックリ首』というのがあるそうです。

ギックリ首とは?

ギクッと急に首に激痛が走り、動かせなくなる症状、頚椎ねんざの状態。

正常な状態では、首の骨は曲がっていて、筋肉も柔らかいので、頭の重みを逃してくれる。
一方、首の筋肉が緊張してしまうと、骨が真っ直ぐになり、負担がその分かかってしまう。

長時間、スマホを見たり、読書をして前傾姿勢になっていると、なりやすいそうです。

人の頭の重さは5kg前後ですが、首を60度に傾けると、首への負担が27kgかかる。

そうすると、首に負担をかけ疲労がたまり、首が凝り筋肉がかたくなる。少しの衝撃で『ぎっくり首』になってしまう。

冷え込む今の時期は特に筋肉がかたまりやすいそうです。

対処法

もんだり、たたいたり、コルセットなどで固定したりするのはNG。

医師によると、

首を安静にして一番楽な姿勢をとって、ギックリ首になった直後は冷やしてもいいが、その後はよく温めた方がいい。

つまり、「安静にして首を冷やし痛みが収まったら温める」ということです。

予防方法

ギックリ首を予防するタオルを使ったストレッチをご紹介。

2枚のタオルを用意して結ぶ。

タオルを首の後ろに掛け、タオルの端を肩の辺りで固定。

ひっかける感じで、結ぶ必要はありません。

もう片方を手で引っ張った状態で、首を後ろに反らせたり横に回すと、首や肩の周りの筋肉がほぐれてきます。

タオルを使うのは、可動範囲を限定させることで、首に無理な負荷をかけないようにするためだそうです。