読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

熟睡して血糖値を減らす!新しい睡眠薬がもたらすデルタパワー:ガッテン!【2017/02/22】

血糖値と脳波には、どうやら関係があるようです。


脳波にはいくつか種類があります。

アルファ波・・・リラックス
ベータ波・・・集中
シータ波・・・めい想
デルタ波・・・熟睡状態

例えば、リラックスしている時に出るのは「アルファ波」。
寝始めた時に出るのは「シータ波」。
寝ている状態で起こそうとしてもなかなか起きない熟睡状態の時に出るのは「デルタ波」。

デルタパワーとは?
熟睡している時に出る脳波。増えると血糖値が下がる。

血糖値があがる負のサイクル

血糖値が上がる

交感神経が活発になる

興奮して熟睡できない

脳はストレスを感じてストレスホルモンを分泌する

その結果、血糖値が上がる

睡眠障害の患者は糖尿病の発症率が2倍になっている。
睡眠障害を自覚していない糖尿病患者の方も多い。

1時間を越える昼寝をしてしまったり、仕事できないくらいの強い眠気が続いたら、医師へ相談を!
かかりつけの医師が糖尿と睡眠の関係に詳しくない場合は、睡眠外来を受信して相談することもできる。

睡眠薬で負のサイクルを断つ

睡眠薬を飲んで熟睡する

脳はストレスを感じずストレスホルモンの分泌が減る

血糖値が下がる

交感神経が落ち着く

熟睡できる

睡眠薬の使用で、糖尿病発症の予防になる。

新しい睡眠薬

これまでの睡眠薬「GABA 受容体作動薬」は、脳の活動全体を抑えて眠りを誘うタイプ。
一方、新しい睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」「メラトニン受容体作動薬」などは、脳が出す「睡眠をコントロールするホルモン」にだけ作用、自然な深い眠りをもたらす。 (副作用の心配は少なくなっていますが、医師の指示に従って服用してください)

寝酒はダメ!

寝酒をすると、寝付きはいいが、睡眠の質が下がり、デルタパワーを下げてしまい、夜中に目が覚めることもある。

関連記事