読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

龍の歯医者が映画なみのクオリティでおもしろい!

NHKで放送していた「龍の歯医者」というアニメの前後編を2週にわたって見ました。

あらすじ
 
彼の国には龍が棲んでいる── 神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという… 舞台は “龍の国”。 主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。 隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。 少年の名はベル。 大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。 自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。 激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…

龍の歯医者がいるっていう世界観が自分は好きですね。

それにしても、映像美がもうテレビ配信のレベルじゃなかったです。そのまま映画にしてもおかしくないほどのクオリティの高さでした。それをテレビ配信してしまうとは!

主人公の「野ノ子」役の声優は、今世間で話題の「清水富美加」さん。本職が声優さんなんじゃないかと思ってしまうほど演技がとても上手でした。その声がとても好きになりました。

内容はというと、もうほとんどエヴァンゲリオンみたいだなと思いました。「いったい何を言っているんだ?」と思われるかもしれませんが、この番組を見たという方には言っていることがわかってもらえるんじゃないかと思います。

エンディング曲は、小沢健二さんの「ぼくらが旅に出る理由」のカバーで、RINKU(Mistera Feo) さんという方が歌っているみたいです。女性ならではの声質でとても優しい歌声でした。思わず懐かしくてなって口ずさんでしまいました。

3月20日に、BSプレミアムで再放送があるようなので、また見てしまいそうです。