何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

自転車の鍵をかける時にスポークにひっかかる

うちの自転車の鍵は、後ろのタイヤについているタイプです。

この鍵をかけようとした時に、何回かに1回の確率で、ちょうどタイヤの内側にあるワイヤーのような部分(「スポーク」という名称らしい)に、

鍵をかける部分が当たってしまって、施錠できなかったなんてことが頻繁にあります。

自分の場合、運が悪いのか5回に1回くらいはひっかかっている気がします。

そんな風にひっかかった時は、タイヤを前後に回転させて少しずらすだけで、鍵はかかるのですが、

そういう時に限って自転車のタイヤが地面に接地していて、自転車の全重量がタイヤにかかって、すごく重くて、なかなか回せません。

それなら、自転車の後ろのスタンドを立てて後輪を浮かせば簡単にできるということなのですが、

自転車置場がレールタイプになっていてスタンドを立てられない状況なのです。

似たような状況になった人は他にもいるのではないでしょうか。

この対策ができれば、たくさんの人がハッピーになれると思うんですけどね。