何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

VRで原発作業のシミュレーション:とくダネ!【2017/03/10】

福島県にある楢葉遠隔技術開発センター内には、仮想空間を体験できるヴァーチャルリアリティ室があります。

(VR画像は実際のプラントではありません)

高い線量の中行われる建屋内の作業。それをバーチャル体験することでリスクの低減に繋がるといいます。

担当者「福島第一原発の廃止措置の際に、人が入っていかないといけない。でも被爆してしまう。VRで事前に内部に入る感覚を得ることで、効率よく作業を行い無駄な被爆を避けることができる。」

入ったことのない作業員たちの15分や30分単位での作業。その作業の要領を得ることができ効率的にするというものです。