何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

1歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげてはいけない!:ちちんぷいぷい【2017/04/10】

先月(2017年3月)、東京での話です。

生後6か月の男児がはみちつが原因の食中毒で亡くなるということがありました。

男児は今年1月から、ジュースに市販の「はちみつ」を混ぜたものを「1日平均2回」家族から与えられていた。
 
2月16日 「せき」などの症状。
2月20日 病院に搬送。
3月30日 死亡。

便や自宅のはちみつから「ボツリヌス菌」が検出されました。

これは「乳児ボツリヌス症」といわれ、死亡したのは国内初ということです。

ボツリヌス菌

ボツリヌス菌とは?
強力な毒素を出す菌。土の中など自然界に存在する菌で、はちみつにも含まれていることがある。1歳未満は消化器官が未熟なため、腸内で増殖する恐れがある。
嫌気性菌といわれ、空気がなくても長い間生きることができるので、ハチミツなどの粘着性のある空気の入らないような場所でも生きていける。

食中毒の症状

・便秘が数日間続く
・全身の筋力低下、哺乳力の低下
・泣き声が小さくなる
・呼吸困難

など。

昔からある食中毒

乳児ボツリヌス症は、最近出てきたものではなく、古くからあるものです。

1986年 国内で初の発症確認
1987年 厚労省が注意呼びかけ
2017年 36例目で初の死者

知っていた?知らなかった?

この食中毒のことを街の人に聞くと、知っていたという人には若い女性が多く、お年寄りや男性は知らない人が多かった。

(これは、ママ友同士の会話やSNSによる情報共有の発達が背景にあるかもしれません。)

注意書き

例えば、母子手帳の「離乳の進め方」に、

はちみつは、乳児ボツリヌス症を予防するため、満1歳まで使わない。

と書かれていたり、

はちみつの商品ラベルにも、

はちみつは1才未満の乳児には食べさせないよう気をつけてください。

と書かれていたりする。

(注意書きが見過ごしやすいところに書かれているので、もう少し大々的に注意喚起してほしい)

加熱殺菌するには?

100度以上の熱で、5,6分加熱する。

このように加熱殺菌は可能だが、食中毒の危険性がある場合は、極力避けたほうがよい。