読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

浮遊球体ドローンディスプレイ:WBSトレたま【2017/04/19】

↓こちらはNTTドコモが開発した、映像を表示しながら飛行する世界初のドローンです。

その映像が見える仕組みはというと、ドローンの周りに取り付けられたこの1000個以上のLED。

わかりやすく、扇風機のようなメッセージファンで見てみると、

プロペラの回転に合わせてLEDを点滅させていて、人の目には1枚の映像として見えるというものです。

残った光の跡(残像)が見えているということです。

球体にすることで360度どこからでも映像を見ることができます。

ドローンが人に追従して動いたりすることもできます。

使い方としては、

・広告や宣伝
・ステージやイベントのパフォーマンス
・災害時の避難所への誘導

などがあり、用途は限りなく広がりそうです。

2018年度の商用化をめざすということです。