何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

昭和レトロな電気自動缶切り機がすごい!:ten.【2017/04/20】

↓こちらの鉛筆削りみたいな商品。

実はこれ、昭和45年に松下電器(今のパナソニック)が発売した電気缶切り機です。

まず試しに、缶を手で開けようとすると数分かかってしまいましたが、

次に、この機械を使ってみます。

缶を機械にセットして、上部のスイッチを押します。

すると、缶が回転し、缶のフタが切り取られていきます。

そして、缶が1回転すると、

たった10秒でフタを開けることができました。

当時のこの商品の価格は5900円。

ちなみに、昭和45年の新幹線(東京〜大阪)の料金が4130円 で、この機械は今の金額に換算すると約2万円ほどと高価なものだったため、あまり売れなかったということです。